新しい内視鏡システムを導入しました

次世代内視鏡システム『EVIS X1』

当院ではオリンパス最上位機種である内視鏡システム『EVIS X1(イーヴィス エックスワン)』を導入しました。(2021.3月より)
内視鏡分野で世界をリードするオリンパス社が8年ぶりのフルモデルチェンジを行った最新の内視鏡システムです。
『EVIS X1』には、NBI(Narrow Band Imaging)、TXI(Texture and Color Enhancement Imaging)、RDI(Red Dichromatic Imaging)、EDOF(Extended Depth of Field)など、新時代を切り開く新たなテクノロジーが詰まっています。
検査効率の向上を目指した技術を搭載し、ポリープ・がんなどの消化器疾患の早期発見・早期診断することが可能となりました。

胃カメラスコープ『GIF-1200N』

また胃カメラスコープ『GIF-1200N』を導入しました。CMOSイメージセンサーが搭載されているので、従来のものと比べより明るく、また微細な構造を観察しやすくなりました。
次世代内視鏡システム『EVIS X1』と胃カメラスコープ『GIF-1200N』の組み合わせで、高画質で精度の高い胃カメラ検査が可能となりました。

従来の機種と比べ、より明るく鮮明な画像を得ることができるようになりました。

医療法人 土屋外科内科医院 
〒298-0004 千葉県いすみ市大原7552 
TEL:0470-62-0007 FAX:0470-62-0122